お家さがし

昨日は春の嵐のような1日でした。
お天気が良くなった今日は気持ちのいいお陽さまが♪

週末、早速下宿探しに行ってきました。
a0295601_102508.jpg
初・仙台。

全く土地勘のないところで家探しなんてできるのかと心配していましたが・・・。
心配無用でした。
大学生協主催の新生活サポートセンターというところに行けば
先輩学生さんたちが、手取り足取りアドバイスしてくれました。
そして何より・・・合格発表から1週間遅れでは
もうほとんど良いものはもちろん、悪い条件の物件さえなく
選択の余地なし!・・・で、悩むこともできませんでした。(苦笑)

物件がなかった理由の1つに、地震の影響もありました。
例年なら2000件ほどの物件を用意して、新入生に紹介するところ
地震の後は、企業が1ルームの学生向けの物件までも
地震のあと始末のために単身の社員をこの地に送り込むために
借上げ社宅としておさえてしまっているとかで
2割ほどの物件しか用意できなかったとのこと。
飛行場から仙台市内に移動中の車窓からも更地が目につき、
心が痛みましたが
こんなところにも地震の影響が出ていました。

「普段なら学生さんに、こんな物件紹介しないんですけどねぇ…」
なんて生協の社員のおじさんの無神経なひと言を聞きながら
そこを初めてひとり暮らしする息子に選ばないといけない不安な親心...。

でもとりあえず住むところを確保しないといけないので、
学校からは遠いけど同じ学部の学生さんたちが多く住み、
とっても昭和チックで昔の下宿を絵にかいたようなところに決めてきました。(笑)
案内をしてくれた生徒さん曰く、
「合格日当日に来られた方は、僕も引っ越しを考えたいくらいいい家がありましたよ」
とのこと。
チャンスがあれば、もう少し住みやすそうなところに引っ越しもできればいいなぁ、
・・・と、本人無視して、それを理由にまた私も行って来ようっ!!と思っています。(笑)

初めてみる学校は森林公園の中に立っているような
とても環境の良いところにありました。
学部間の移動にはバスを使わないといけないほど広い敷地。
阪神大震災の時にはまだ1歳と数か月だった長男。
たくさんの学生さんも神戸にボランティアに来てくれたと聞いています。
このような時期に、仙台で学生生活を過ごすことになったのも何かのご縁、
どういう形でもいいので、何かお返しもしてきてほしいと思います。
そしてこれからの学生生活、充実したものにしていってほしいと願っています。


おまけ。
ここまで来たので、食べないとね…、ということで
名物「牛タン定食」♪
a0295601_1034336.jpg
今まで焼肉屋さんで食べていた牛タンと違って、とっても肉厚。
麦飯ととっても美味しいテールスープ、
白菜や野沢菜?のようなお漬物がドッサリ添え野菜として同じお皿に乗ってくるのが
定番スタイルのようでした。
美味しかったぁ~♪

a0295601_10364834.jpg
以前、「喜久福」という名のお店のクリーム大福を初めて食べた時、
あまりの美味しさに感動したのですが(笑)
なんとそのお店、本店が仙台だったようで、
そのお店でもうひとつの仙台名物「ずんだ餅」が乗ったアイスも食べてきました♪

完璧っ!!
[PR]
by colon_r | 2013-03-19 11:33 | つぶやき
<< 開花♪ それぞれの出発 >>